FC2ブログ
「ぼくらの秘密」
                  l::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.ヽ
                 l::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::|ヽ::.::.::.::.::.::.::.::.::.l
                     |::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::./ ヽ::.::.::.::.::.::.::.::.::|
                |::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:/   ヽ:.::.::.::.::.::.::.|
                |::.::.::.::.::.::.::.::.::.::ィ:.::.:::.::/     ヽ:.::.::.::.::.::.:|
                 |::.::.::.::.::.::.::.::.::/ |::.:::/       ヾ::.::.::.::/||
                     l::.::.::.::.::.::.::.::/  _l/―~'  、-―ヽ/|:./ |
               /::.::.::イnヽレ  '__      ' ,___  |/
              /::.::.::.:ヽぃ   ´ @     ,   @  /
         _ ,/::.: '´|::.::.:ゝ ヽ    ̄´     l    ̄ l
    ,  ´ ̄У),::.::,シ"  |::.::.::.::.:フス   """"    ヽ """"l
   / ̄ ̄ /G_, イ   イ::.::.::.::.::ノ ,人        '    ノ、
 /     イ|7' '  / ,/´    ( l:: :: ヽ   --‐-―- /   ,ヽ
/     / lユ-~^) /´ ヽ   ゝ |ヽ ::、 :ヽ、    ´ /  )  l  l
     /:|⊆_ /|  |   ヽ  ゝ、、l   ::`ヽ、` l-彡ゝン (   l   l
   ´ :: :: ::|⊆_ ノ  |    ヽ  l ( ヽ     :: `   | `ヽ /   |
、 ヽ   :: ::,ル|:|   |      ヽ、 ヽゝ、         | く|/   |
\、λ―´ ′|:|   |     ヽヽ)(ヽ|TTヽ、    イ^|ー )//   |
  γ'     | ヽ   |      ヽ У)|::.::.::.::.::.:ヽー/::|( (| //  |
 /           |      、у ヽヽ::.::.::.::.::.::.::.::.:|= )//   |
Yヽ               |      ヽ〉  ミ|::.::.::.::.::.::.::.::/ゝ |/    |



メイキングってのがあったってさww
ちょwwwwwwwww


監督出演かよww

これは、ちょっとした「サプライ~ズ!」
原作者と逢って「自由にやっていい」と、言われてアニメ参加を決めたとかは、いつぞや監督のブログにあったような気もしますが。

監督の自分の解釈が起こした「世界観」の破壊をどうみているのか、見ながら記事にしていきたいと思います!

「ゲーム」をするということに対して、最初「ワク」達は、単純に「ワクワク」していただけだという話になって・・・
ゲームに「因果律」持ち出さないでくださいww
原因と結果が、はっきりルールが決まっている世界というのが監督のもっている「ゲーム」というものらしいですが・・・。

ここらへんは、まだ足を踏み外してはいないのでしょうね。

さて、本編中にあった「椅子のルーレット」ですが。
どうやら、「監督のアイディア」のようですね。
このアイディアは、よかったと思いますが・・・
仮にも、監督が「この話やるつもりなくて、滅茶苦茶なアイディアだしたらたらプロデュサー逃げていくとか、考えていた」とか話すのはクリエイターとしてどうかと思います。
結局、この「ルーレット」も監督自身がぶち壊しにしちゃうのですが・・・

身体に浮かぶ文様・・・
これも、「監督のアイディア」ですが・・・
これで何か伝えようとされていたみたいですが・・・
視聴者の皆さんは「何か」伝わったのでしょうか?
正直、あの「文様」は、自分的には「ない」ですね。

????????
ドラマとシンクロしたアクション?
ストーリーから敵のメカをおこした・・・・・

ピンとこないですが・・・
本編放送時に、そういうことをメディアであかされていたのでしょうか・・・
正直、シンクロしていたかどいうかは、わかりかねますね。

・・・ワクの印象
一番手っとのことらしいですが・・・
途中で「ワク」は「ヒロイズム」を、持っているという話の後に・・・
「この地球人類の為に何か一仕事やりたい」とか、「最低限地球を救うくらいはやりたい」とか、子供達は思っているとか言ってまして。

正直、ここまできてこれ記事更新していいのかなぁ~ぐらいの「森田氏」の発言っプリに、ちょっと困惑しております。

「ウシロ」の「カナ」いびりに対して、「ウシロ」にきっちりと「荷物」を背負わせるということですが・・・
ここらへんが、あの展開に結びついたと思うと、「荷物」重すぎてつぶれてしまったんじゃないのかな?っと、思いたくなります。

「カナ」=「弱い存在」で、「もりたの」的には、「いかにしてカナを守るのか」ということを描きたかったみたいですが・・・
そこに「支配者」の存在は邪魔すぎました。
根本的な元凶ではなく「枝葉」を切り落とした展開ですから、中途半端な印象がぬぐえないんですよね。

「コモ」の話気合入ってのかYO!
びっくりだYO!
全然わっかんなかったYO!


「子供達」自身に「動機」や「答え」を見つけて、逆境を乗り越えていき。
「社会との関係」を考えていき、「世界」が広がる(らしい)ということですが・・・

「社会との関係」が「世界観の崩壊」であったといわざるおえないという結論で締めたいと思います!

ゲストとして、「阪口さん(ワク)」「皆川さん(ウシロ)」「能登(コモ)」が、要所要所でインタビューされていました。


では、「メイキング」の感想おしまい。



スポンサーサイト



[ 2007/11/27 22:02 ]

ぼくらの | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<仮面ライダー電王第42話「想い出アップデート」 | ホーム | ガンダム00「無差別報復」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://redcoolsea.blog78.fc2.com/tb.php/684-5e6c7fc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |