スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
お題 「planetarian ドラマCD 第二章 "エルサレム"」
29_planet_drama02.jpg



つまり、その腕利きと渡り合えばいいわけですね




「マードック」役の大塚明夫さんの奮闘により、某サイボーグの旦那や某蛇さんみたいに臨場感がうまれています!

こいつは、ナイスキャスティングですぜい!


で、「サリンジャー」が、石田彰さん!!
どんなチキン野郎も、びっくりするほどのチキンっぷりに、苦笑がこらえきれません!


しっかし、これ「planetarian」なんですよねww
これだけ聞いたら別もんだとおもうくらいに違います。


あと、ラストにびっくり「挿入歌」が入ってました。

brave new world (fripSide)ですね!
ビジュアルアーツ関連の方と知って納得です!
しっかし、挿入歌入ると思わなかったのでびっくりしました。


まぁ、「サリンジャー」のいうことではないですが・・・
人は「天使」にだって「悪魔」にだってなれるんです。

「天使」や「悪魔」定義してしまえば、それが「善」でも「悪魔」になり「悪」でも「天使」となる。

「人」はなんなのか?
簡単でいて、難しい問題です。

「人」は、「人」でしかない、でも「人」というだけでは「人」は語れないっという言葉遊びの領域になってきますね。

脚本が「魁さん」になっていてスペシャルサンクスとして「涼元さん」になっていました。
まぁ、ドラマCDの時の「脚本」ということなのでしょうが・・・
ちょっと、やるせなさがありましたね。


っと、いったところでおしまいです。

おしまい。
スポンサーサイト
[ 2007/08/12 18:22 ]

お題 | コメント(0) |
<<「ユガミそして、ヨテイチョウワ」 | ホーム | 劇場版「CLANNAD」なにやらいろいろとやってるみたいさぁー!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。