スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
OVA テイルズ オブ シンフォニア THE ANIMATION 全話みました 
OVA「テイルズ オブ シンフォニア THE ANIMATION」世界統合編 第3巻 初回限定版 コレクターズ・エディション [DVD]OVA「テイルズ オブ シンフォニア THE ANIMATION」世界統合編 第3巻 初回限定版 コレクターズ・エディション [DVD]
(2012/10/24)
小西克幸、水樹奈々 他

商品詳細を見る


ついに、最終巻なのです。







シルヴァラント編 全4巻
テセアラ編 全4巻
世界統合編 全3巻

ようやくの完結です。
テイルズシリーズで、好感度システムというRPGなのに、なんてシステム導入するんだ!とか、2D戦闘からの初3D戦闘だったりとかGC版とPS2版ではOP違うとか色々あった作品でしたが・・・

シルヴァラント編1巻の時にダイクのマッチョぶりや、フォシュテスをよくわからんノリで倒したりして・・・
それ以降全然みなくなっていたのですが、あるときレンタルで1巻以降かりたら、それ以降の巻のできのよさに、思わず、DVD特典とかにも、釣られて全巻集めてしまいました。

テイルズシリーズの特徴の一つに登場キャラクターのバッグボーンが深いというのがあります。
あらかじめ断っておきますと、些細なつじつまがあわなかったりというのはあるかと思いますが。
そのキャラが、どう思ってパーティにいっるのかとか、描かれたりして、そういうのも、見どころだったりします。

シルヴァラント編は、ともかくコレットがかわいそうでかわいそうで・・・
特に3、4巻はぐっときました。

テセアラ編は、2、3,4巻と1巻冒頭・・・ゼロスは、いいキャラですね。
ゲームでのクラトスルートでゼロスの株が急上昇したのを、思い出しました。
プレセア&リーガル関連では、アリシアがどこからともなくでてきたのが、びっくりでしたね。
しいなは、やっぱり、コリンですね。

ぐっときます。
で、4巻のコレットですよ。
本当に久々のコレットでした。

世界統合編は、もうパーティメンバーよそに、古代大戦メンバーに、スポットがあたってましたね。
ミトスは、姉を失ったがために、世界を二つにわけマナの管理社会をつくる。

悲しすぎる思いに、胸打たれたが、ミトスが今していることは、もはや妄執の産物でしかなく。
例え、「千年王国」が実現しても、「差別」はなくならなかったでしょうね。

心が弱いから「差別」が生まれるのか。
「居場所」を、求めて戦っていたはずなのに・・・

結局、ロイドとミトスは対峙することを避けられなかったわけだけども・・・
やっぱり、ミトスがいたからロイドは後を追ってこられたと思う。

ミトスとの決着のあとに、クラトスとの対峙、その後のパーティメンバー二人の親父の会話。
最終巻としては、贅沢なつくりになってますね。

あと、やっぱり名前をつけるS-ンで名前を言わないのはお約束でよかったです。

シンフォニア好きな人なら、一見の価値ありです。

おしまい。


スポンサーサイト
[ 2012/10/23 19:57 ]

全話みました | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<リトルバスターズ!「君が幸せになると、私も幸せ」 | ホーム | お題「劇場版 魔法少女まどかマギカ [後編]永遠の物語」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://redcoolsea.blog78.fc2.com/tb.php/1973-6f7d58b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。