FC2ブログ
「新世紀エヴァンゲリオン まごころを、君に」
                    __,,....、,ヽ, ノ__
                 , ‐'´: : : : : : `゛ : : :`ヽ、
                / : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
           _,.、 : '゛ : : : : : : : : /: : : : :i : ; : : : : ヽ
          ‐-=''´ : ; : : /: : / : : ;ィ´: /! ;_! : : : : : ヽ
           /;ィ: :/: : /: ,:'ナ ;.ィ//: :/'7/ '、: :! : : : :i
           /' / : ;/ : // ,!: ァ、 // /'スカヾ,'、|::'; :`,:l
              l/ l: :/!i `〈、ヾソ '゛,、   '-゛'゛ 〉;::::.: '、
             /.;イ´l/::、i      '゛'_,,.、、..-‐::'':、:!::i::.: i
             〃 ! ::,::i:、`'‐;ツ゛_,、.‐::'"´:::::::_;;;:::、、:-〉::::l;:: !
     _     '゛ l / l.:';::`"`:l´:::;:、 ‐ ''"_´__ _ _ ,ノ:|::::!l;'
_,、‐ '´: : : ヽ、     !'  i∧';:::;:::ヾ、 ,、 '´    /:::レイ:/
: : : : : : : : : :ヾ、 __     ` ヾ!ヽ>、;i´ヽ、_   ,、ィ゛/i/ !'
: : : : : : : : : : : l ヽ ヾ´`ヾヾ'‐ 、,ィ'´ `''‐- 、 `´ i`,>;
: : : : : : : : : :,/  ヽ `、  ',ヽヽ, ヽ  ,ィ';、´ `; ,.イi´   '、,
_,.、 -‐ ' "´/    ', l   ', | i:i `i';  `、:`‐'‐゛!   /`‐ 、,_
     ,:'     ', !   ;l i::i  i ',  ヾiiiiiii/\ ,イi    `iヽ、
     ,'       ', !   | i::i   i l   `'r〈  ´ l i     i l i`-‐ ''ヽ、
    i       / !   | i:i   i l   |iiiii;  //     / ! l    ヽ.-‐''
     l       /    /,:i   ヽヽ   |iiiiiii; //     i / ',      〉
     |      '    /,::/     ヽヽ、|iiiiii//        i |   /    /




「あんた私のこと判ってるつもりなの」「ザワザワするんだ」「それが一番キズつかないもの」「声をきかせてよ」「自分しかここにいないのよ」「僕をかまってよ」「わかってないわよ、バカッツ」「このままじゃ怖いんだ」「もう側に来ないで」「曖昧なものは僕を追いつめるだけなのに」「ダメ」「僕を助けてよ」「救ってやれると思ってるの」「いつまた僕がいらなくなるのかも知れないんだよ」「哀れね」「落ちつかないんだ」「それこそ傲慢な思い上がりよ」「わかろうとした」「あんた見てるとイライラすんのよ」「だったら僕に優しくしてよ」「私としたけりゃ、お願いしなさいよ」「笑った顔でゴマかしているだけだ」「私に逃げてるだけじゃないの」「一人にしないで」「ホントに他人を好きになった事ないのよ」「僕を殺さないで」・・・・・・・・・・・・・・「イヤ」

予想外に「Air」に手間取ったので、二つにわけています。

にしても、最近エヴァブーム到来しているのでしょうか?
レンタル屋で、ほぼ壊滅的でした。
この映画版。

まぁ、ここで映画版の記事書き始めたのは、テレビ版の記事を書くフラグということはないのです。

さて、「まごころを、君に」です。

さて、もはやあれを「初号機」と呼んでいいのかどうか、迷うところであります。
「量産型エヴァシリーズ」に、よってなすすべもなく「刻印」を刻まれていっている
まさかの「オリジナルロンギヌスの槍」の月の衛星軌道上からの帰還。
「リリス」を、貫いていたもので、第15使徒「アラエル」殲滅に、使用したものであり、その破壊力は圧倒的でした。

                             /´`i´`Y⌒Yl/!`)ヽ
                         //¨ゝ、/\   `ヽ´iヽ、
                        _, '::::::::::::::::::::::::::::`::、   丶レ'l
                 _      ´/:::::;::::;:::::::l:::::、:::::::::::::::`    ヽ`ヽ
.               i´    ─ _ /::::/:::/::::/:l::::::l:::::::::l::::::::::::\  l__}
             l        ///::::/::::,'l:!.l::::::ト、;::::l:::::::::、:::::::\l_}ヽ.
.               ∨  \_ /  l:::://-l:| |::::::| |:::::lハ :::::l::::!:::l::l`| |/
              ',     ヽ.  ̄ ̄l::∧ゝ心| |::::/┼!ソ.‐l_ :::l::::!:::l::l: |/::l`ヽ
                ヽ     >、   |:ト.| 弋リ !|:/ '´心 !::::::|ニ:!::/l::::l:::::l:::::丶
                    >、 / ノ ̄/!' l   ,.    弋リ \-、::!/:l:l::::l:::::l:::::ヽ}
               \  /   ⌒` 丶   ___     _ノ:/:::l|::l:::l:::::l::::::::}
                     l`´          |ヽ.`ー'   /:!::::|::::l::::l:|::l:::l:::::l:::::::l
                    (`         へ i ー‐ ´ /:::::l:::::|::::|:::l:::l::l:::l:::::l:::::l
                    \       /)>ソ∧_,─'i ::::::l :::|::::|:::l::::l l:::l:::::l::::l
                  `_ -‐  ̄)~(_//\\   _l :::::l::::l :::l:::l:::::l :l::l ::::l::l
                    l´    ./ー' / |_|l_>/ ̄/`ー'`i、::!::l| :::l :l::l::::::ll
                     l   /゚     ̄   ./ /´i      l'::l::l |::::l l::l::::::l
                    ,|  l/゚ /     l  / /  |  /  |::::l:l l:::::l .l::l::::::l
                   /|  /゚       .ノ/ /     〈   l:::::l:l l:::::l  .l::l:::::l
                | l! /゚    |  / /|    _. ヽ l:::::|l::l l::::l   l::l:::::l
                 l ̄::::ヽ    / / ヾ 一'´ 八__ノ::::::|:l::l l:::l:   l::l::::l
               /\:::::::::\/ / ノ/l、_____〉:::|::::::|::l::l l :|l  l::l::::l
              ,ハ:::::\:::::::::\'、   l'  |___丿_::|::::::|:::l::l l::| l  l::l:::l
               /「`ヽ:_::::::::::::::::::::::/ヽ/   |    |:::,イ へ ::!:::l:::l l:| l  /!:l:::l
              /   l    ̄ ‐ ─-'ー ─ 、  |    |/ /  ``、:::l:::l l|.l /::l::l/
         _/             /l`ヾ   /  |    l|l l    l:∧:l l|! //|:l
.        (/         /   l__}\ヽ/.   l    l|l |    .l  ! .! /  |l
      /イl         / /  l__}: : ヽ\  l   l.l |     l      !
      /: :{_}      /  /    |__}: : :.l  \ l   |.l |      .|
.    /: : 〈、 丿        /    ∧_}:: : : l   ヽl  .l.l |      .|
.     /: : : :| ヾ          ./    /\/l::: : : :.l、( ̄ l  .l.l |      |
   /: : : : {_/フ  _  _ _  _ノ| / l::: : : : :l_>  l  .l l l    l
.   l\: : : : `´Y⌒{_/ ̄_} _二iノ ̄: : :l::: : : : : l   l   .l_.l |    l
   ヽ_\_ _: :  ̄: : ̄: :`´: : : : : : : : : :.|::::: : : : :l   l   ' ̄`ヽ. l
       `ー─ ̄7`─: _: :─-‐ 7二ェ_::::: ____l    `ヽ.     ∨〉
            /   _      /_::::::::: ̄:::_/      `ー─‐‐'
         /´:: ̄:::::::::`ヽ  ∧   ̄ ̄ ̄
.         / ̄ ̄` ─ _{ }/ .∧
.        /       // l\ .∧
          /         く_/ /.l_.ゝ∧
         /          / / |   .∧
              〈 / .|_」    .∧


「量産型エヴァシリーズ」と「オリジナルロンギヌスの槍」「エヴァ初号機」を、使って「ゼーレ」は、「人々の魂」を一つにして、一度「碇シンジ」が「初号機」に取り込まれたように身体から解き放たれて、精神世界の波を漂うことになるのでしょうか?

それにしても、でっかい「綾波レイ」は、迫力ありすぎです。
「リリス」が、まさかこんな形で話に関ってくるとは・・・

「セントラルドグマの奥」・・・「使途」が目指したもの「リリス」の危険性がわかりますね。

ここからのシーンは、疲れているときにみると、どっと疲れますね。
自分の「価値」なんて、他人に決めてもらっても満足も納得もできないものではないのかと思うわけですが・・。

自分がいらないと、決め込んで前にも進めない、そんな後ろ向きだかこそ、大切にできるものもある。
でも、いつかは、進みださないとね。

ヒトは、変わっていかなければいけないから・・・。

                           ヽ.  ト.
                   ..-──── -、 }! /:::!
                . ´.::.:.:.:.:.::.:.:.::.:.:.::.:.:.::.:.::く::ノ__
                /:::.:.::.:.:.::.:.:.:.::.:.:.::.:.:.::.:.:.::.::.::-:.:.::.:::`ヽ
              V .:.:.:.::.:.:.::.:.:.::.:.:.:.::.:.:.::.:.::.:.:.:、.:\:.:`ヽ⌒ヽ
               7 .:::::.:.::.:.:.:.::.:.:::.::.:.::.:.:: / .:.|.:ハ::.::ヽ:.:.:.\
            ′..::::.::.:.:.:.::.:.:.::.:.::.:::: ./ :::::ハ!  !、:ト、:\:::::'.
             |..:.:.::.:.:::::::::::::::::::/::::::/ :::::/ i  | xィト、:::!\!
            !..:.::.::::::/.:.:.::.://:.://j_:/__ '′ 'x;=v! }ノ
            !:.:.:.:.:. ':.:.:.::::::// j/ィ i/=、`   jr}i!
              ' . ::.ノ:イ⌒イ  /  ィjr}       、!
             ヽ:.:. f rへ|      `´      . 〉
               \\ー 、             _ /
                     ` ー:へ           ´ .′
                   ノ::从 ` .        /
            _ ..-────―┐` ┬一'___
             「:::::.:::.:::.:::.:::::::::::::::::::::|__   ト、:::::::::::`7
            ヽ :::::.:.:.:.::.::::::::::::::::::: |ノハィ  \:::::/
              >ーァ … :::::::::::::::ヽノ: ! ( ノ:::{__
               /:::/.::.:.:.::.:.:.:.::.:.::.:.:.::.:i!:: \  ̄!.:「「l ト.
           .′:'⌒ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i!:.:.:.:.:\.ト:! !:/.:::}
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.: ノ⌒ヽ.!!_:./
          i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..\.:.:.:.::::.:.::.:.:.:.:.::.:.:.し' ̄__\j!
          |::.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:V:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:Y´,.- ヽ
          |.:::.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:!:.〆:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.V ィ:、 |
         ノ|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:./:.:.:.:.:.::..:/::.:.:.:.: し'l!!::| |
:.:.::\ー一…'´::.: |.:.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:/..:.:.:.:.:.:.:/.::.:.:.:.::.:.:/::::i!!::ト 'ヽ
:.::.:.:...::.:.:::.:.:.:.::.:.:. |.:.:.:.:.:.:..::.:::/ .::.:.:.:.:.::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.i! :.|   i
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ.:.:.:.:.:.:. / .:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.i! : |   |
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:「.:.:.:.:.:(::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/イ .:.:.:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.i!:.:小   ト、、
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :イ.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.::./::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /.:.:.:.:.:.:i!:/ | !   !::| ト
一 … ・ ´ /.::.:.:.:.:.:.::.:.:.::.:::/.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.::.: i!:.:| | !   V| |::::::〉



「碇ゲンドウ」が息子を避けていた理由が、不器用すぎてなんだか最後憎めなくなってきてしまったりしました。

なんというか実写のムービの途中で「ボク一人の夢をみちゃいけないのか」というセリフあたりで「ミサト」「レイ(プラグスーツ」「アスカ制服」がいたのを発見ww
後姿だけども、なんというか、当時は気がつかなかったな~。

巨大レイの血飛沫が月に到着しているところをみて、某エウレカの星に相合傘というのを思い出し。
あれも、影響うけているんじゃないのかな~っとも思った所存。


最後、「シンジ」と「アスカ」しかでてこないのは、「アダム」と「イブ」が「楽園」を追い出されたというのを、揶揄していたりしませんかね?

あと、ラスト「アスカ」の気持ち悪いを、聞いて当時劇場が指定席ではなく時間制でなかったときには、2度3度みることが多かったのですが・・・。

これみた当初は、かなりくらってまして。
一度でギブアップしました。

ショッキングな映画でした。

おしまい。


スポンサーサイト



[ 2009/05/21 19:39 ]

過去からの発掘。 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<K-ON!「学園祭!」 | ホーム | 「新世紀エヴァンゲリオン Air」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://redcoolsea.blog78.fc2.com/tb.php/1355-8d17068a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |