FC2ブログ
鉄のラインバレル#16 「黄昏の断罪」
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Mハ:|:.:.:.:.!:.:.::.:.:.::.:.:.::.:.:.:\:.:.:.::.:.:.:ヽ:.:.:.\::.:.|
    |:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.::|ツ^^ヽ:.:..|::..::.:.:.::.:.:.:.ヽ.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:!:.:.\\!
    |:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.::|    V:ト、:.:.::.:.:.::.:.:.:.:.ヽ.:.:..!ヽ.:.:.:.:.|.:.::.:.:.\\
    |:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:..|    !ハ \:.:.:.::.:.:.::!:.:.:i,斗r‐-、:.ハ::.:.::.:.:.:.|V
    |:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.| ,. -‐十 ト ヽ:.:.:.:.:.:!/∨   V !.:.:.:.:!..:.|
    |:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:|     __    \:.:.|  rセ穴ト、 .|.:.:.:.:|!:.:.!
    ',:.:.::.:.:.:!:.:.::.:.:.::.:|  rそて下     八!   んリ } 〉!.:.::.:ハ:.|
    !:.:.::.:.:.',.:..:.::..:.:.| 〈  いリ }         弋 ツ  |.:.:.:.|  リ
     !:./::.:.:∨.:.:..:.:|    `ー ´          ::::::::::::::: i.:..:.:.!
     !イ:.:.:.:.::.:\:.:.:ト、 ::::::::::::::::            从ハ:|
    / |:.:.:.:.:.:.:.:.:. `ト、           !      ,ハ/ i| 
    / |:.:.:.:!.:.:.:.!:.:.:.!.込            '     /.:/` 、_
  _/  ハ:.::.:.::.:ノ:.:.:.|ツ \      -::‐    ィ:.:.:.{     ̄ヽ
   ,∠:.:.:.:.:.:/.:.:.::.:|      、       ,.イ:.:.::.:.:|       ,
   人.:.:.::.:..:.:.::.:..:.:,ノ       ` 、 _,.  '  |ハ:.:.:.:|       | 
  /  `ー‐― 'て            /      |:..:.:|       |
  |           ヽ、             |:..:.:|       i
  |              ` ー- 、       _,厶./  i     /
  |                        ;'              /
.  !       ヽ              ;         ',  /
  ',       !             (\         ! /
   !       ,            rヘ\ ヽ       | /
   |      /           f^ヽ V  |       //



野球拳は、おとこの浪漫です!

とりあえず、冒頭のお笑いパートが、お色気パートになっていたのが、シリアス一辺倒より、物語に緩急つけやすいということなのでしょうが・・・

この作品、結構こういう一歩間違えると、ネタが空回りするだけのよくわからない作品になると思いますが・・・

「ラインバレル」の囮よりも、潜入部隊の方がすさまじい「トラップ」でした。
あのおっさん、想像以上でした。

なんというワンダフルトラップゾーン。
ちょっと、「ただの変態社長」だと思っていた認識を、改めねばなりません・・・。

「変態王」でした(褒め言葉

ただ、なんというかいまだに社長が、死んだというのが信じられないので、とりあえず、生きているor傍観している説をとりたいです。

100で、ラストに何故「山下」っと、いうのはおいといて・・・満足しすぎでしょう「変態王」ww

「桐山」の器の小ささが露見した今回の戦闘・・・・
「正義」の意味を問うた戦いになりましたね。

あと、「矢島」サイボーク化のおしらせですが。
どうのうな展開になっても、「浩一」の壁として立ちふさがりそうです。


おしまい。
スポンサーサイト



[ 2009/01/25 22:30 ]

過去からの発掘。 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<TOA「崩壊の序曲」 | ホーム | とある魔術の禁書目録「御使堕し」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://redcoolsea.blog78.fc2.com/tb.php/1243-35af7ec8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |