FC2ブログ
灰羽連盟「夏の終わり 雨 喪失」
                    /             \
                      , '  ,./    ,  ,',   i      ヽ
                  /  ,'/  /.〃  i l   l    i;  ゙、
                  ,'  .,'/  ,' ,'i  ,'!.l   i |   i l!,   i
                     i, ,' .l-_,.ニニ"`゙'''''゙‐ー- ' l,,_ l l.l   i l
                     | i ,. l ´ ___  `     -‐‐、ヾ、j ,. l l
                     | l l lヽr',r-,ヾ     ,.. __ `ヽ! l l.l l
                  ゙'7オ 、'、::ノ      'r';;ヾ'、 ,l. l l !.l
                  { j,|           '、::ノ  'r'、.j' !
            ,r‐-、.   ト、l      ,      `  rヾj ,'
           /   ヽ.   | |゙i        '         'ノ/i,'
         /  .  ,,、、-ヽ、,| |:ll':、   `゙'' ‐--     ,r-'゙´. l
          /  .::,r'":...:...:...:...:...ヾニマヽ,        ,..イ::;::l::::| !
        / ...: .,r':...:...:...:...:...:...:...:...ヾ、  ヽ、  ,,.. ッ、ー‐'ニ'''''''''゙、
      /    /:...:...:...:...:...:...:...:...:...:...゙、ヽ、  `´  /ヾ、`´:...:...`ヽ、.',
    / ..:::...::;'r‐''''ヽ、:...:...:...:...:...;...:...:.ヾ'、:.ヽ,   ' ,ソ:.}:...:...:...:...:...:.ヾ、
    ,',.、ッ.:::::::::;':...:...:...:...:.ヽ、:...:...:...l:...:..r''゙ヽ ヽ;.`゙'''''":..:ノト-、:...:...:...:...:.゙,゙、
    /.:::: ,.:::l /:...:...:...:...:...:.\:...:..!、‐'    ヾ゙"""´  .〈:...:...:...:...:..:.',_',
    ' ‐'"/.'/:...:...:...:...:...:...:...:..\:.〉              ヽ:...l:...:...//:.゙'〉
       /:...:...:...:...:...:...:...:...:...:.ヾノ              ゙、:l::.;r':...:...:...ヽ,
       }:...:...:...:.,,、-‐- 、;...:...:..{:::.              .:::j':'゙:::.:..,、-¬ー-゙ヽ、
お久しぶりすぎて、前話なにがあったのかすら、覚えちゃ~いないのですが・・・

「ラッカ」が、自分の部屋を、探すことにした今回。
「冬の始まり」を、「クウ」と、話していたところで、「クウ」が去り際に、扉を閉めるのを二度繰り返したのですが・・・
某監督の三回バーンを、思い出しまして・・・
なるほど、印象つけるのに、「繰り返す」という手法もあながち的をはずれていないのだなっとは、思いなおしました。

「鐘の話」の後に「クウ」が、「ラッカ」にあげた「服」のお話で、そっか、「クウ」は、「ラッカ」という「後輩」を、得ることで、自分が背伸びしなくても、自分の役回りというか、自分の番がきたんじゃないのかっと、思ったのではっと思います。

「クウ」が、言った「心のコップ」満タンになるとなにがあるのでしょうか?
かなり、意味ありげでもったいぶりでしたが・・・。
三回「繰り返す」演出は、結構鬱陶しいことも、判明しました。
「繰り返す」と、いう演出自体は、はまれば素晴らしいものにも、なるのでしょうが、回数が多くなると弊害もあるということですね。

「壁の向こう側」には、なにがある・・・
っと、聞いてアレ?これは・・・っと、思った方!「グランディアプレイヤー」ですね!
いいゲームでした、アレは。
かなり懐かしいですが、いいゲームでした。

「巣立ちの日」「鐘の音」「西の森」。
なんというか、この短い一話の中で、布石の設置と回収えおしてしまったことに、驚きです!
すごいですね!

ただの、ぼんやりアニメだとばかり思っていましたが、そうでもなさそうです。

しかも、最後の最後に「鐘の音」が、「クウ」を送る音に聞こえてくるから、やっかいです。
「さよならよりも、ありがとう!」なんて、悲しすぎですね。

おしまい。
スポンサーサイト



[ 2009/01/03 20:15 ]

過去からの発掘。 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<八万HIT達成! | ホーム | うたわれるもの「散りゆく者への子守唄始めました」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://redcoolsea.blog78.fc2.com/tb.php/1218-7175a439
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |